DEJIMASTOCK / 広島

店内での展示がスタートしています。

 

〒734-8570 
広島県広島市南区出島1-21-15

TEL:082-253-5566

営業時間:10:30-18:00

定休日:水曜日 
 

9月末ごろまで 

あの山は、この草木は

梅田ゆうき×山本志帆 日本画二人展


会期 :終了 2024年5月4日(土)~12日(日)
12:00-18:00(最終日-17:00まで)
 6(月)7(火)は㊡
場所 : 町屋Gallery cafe 龍
京都市北区紫野下石龍町3-5
TEL : 075-555-5615

山本は最終日在廊します


個展 | 山をくずして  

会期:終了2023年12月6日(水)~24日(日)
12:00-19:00(日 -17:00)月・火㊡
場所:Yoshimi Arts  
大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F
TEL:06-6443-0080

第23回 芸美会展

会期:終了 2023年10月12日(木)~10月18日(水)
場所:福屋八丁堀店7階美術画廊 ※最終日16時閉場

1点出品しています。

第63回 秋の日本画展

会期:終了 令和5年10月1日(日)~10月31日(火) 休館日なし
時間:10:00~18:00
場所:広島信用金庫八丁堀支店10階 ひろしんギャラリー
お問い合わせ:082-247-1059

1点出品しています。

個展 | 川の道


会期:終了 2023年9月8日(金)-10月27日(金) 

場所:Cafe and Gallery 鐘や

◯《終了》 9月17日(日) 13:00~ 作家によるギャラリートーク・WS
◯ 詳しくは別途広報チラシならびにInstagramの情報をご覧ください

広駿会 -広島市立大学日本画出身作家作品展-


会期:終了 2023年8月28日(月)―9月2日(土)   11:00-19:00(最終日17:30まで)
場所:銀座スルガ台画廊 
〒104-0061 東京都中央区銀座6-5-8 トップビル2F
TEL 03-3572-2828
出品作家:明壁 美幸 / 大瀬戸 文子 / 大橋 智 / 樋田 礼子 / 長瀬 香織  / 西原 陽平 / 村田 潤治 / 森 ゆだね / 山本 志帆 

◯ 9/2(土)14:00 より出品者数名によるギャラリートークを開催します。山本は参加予定です。

 

L×Sunmall Art Space Project #7

会期:終了 2023年8月1日(火)―8月31日(木)   10:30-20:00
場所:SUNMALL    広島市中区紙屋町2-2-18 
TEL 090-4809-1812

◯ 2点出品しています 

 

Insight 28   "hang" 


会期:終了 2023年4月22日(土)-5月21日(日) 月・火・5/3(水)-5(金) 休 

12:00-19:00 (日 -17:00) 
場所:Yoshimi Arts  
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F
TEL/FAX 06-6443-0080 

出品作品(作家名):  レイチェル・アダムス / 井田照一 / 上出惠悟 / 笹川治子 / 佐藤克久 / 寺林武洋 / 山本志帆

 サンクリューネ展 


会期:終了 2023年1月23日 ~28日
場所:画廊宮坂  
〒104-0061 東京都中央区銀座7-12-5銀星ビル4F

 電話: 03-3546-0343 

 個展 | 山をくずして  



会期:…終了 2022年12月6日~11日
場所:galleryG
〒730-0012    広島市中区上八丁堀4-1公開空地内
tel: 082-211-3260


オープニング企画展Ⅰ/絵画「知覚する風景」



会期:…終了 2022年5月1日㈰~6月10日㈮
参加作家:大庭孝文・手嶋勇気・山本志帆 

 

 島根県飯南町。築100年の旧塩屋旅館を改装し、新たに“Cafe&Gallery 鐘や ”がオープンしました。今後、様々なジャンルの作家による展示が企画されていきます。

 


砂州に立つ 


 

会期:…終了 2022年5月1日(日)〜14日(土)

13:00〜18:00  ※最終日のみ16:00まで

参加作家:浅埜水貴、大橋智、亀川果野、山本志帆

企画:踊り場

助成:エネルギア文化・スポーツ財団 

コロナ禍で作家同士の繋がりが保てにくくなる中、広島市立大学日本画科出身の仲間とおしゃべりする中で、互いに興味・関心事を共有したり、日本画に対する所感を打ち明け合うなかで企画が生まれました。
展示最終日に、インディペンデントキュレーターの長谷川新さんをゲストとして迎え『広島から日本画を考える』と題してトークイベントを開催。 

大和五條 鹿皮膠 日本画展 -描画と保存の未来- 



会期:…終了 2022年6月1日(水)〜8日(水)

10:00〜17:00  ※最終日のみ16:00まで


伝統的な定着材である「膠」は近年、産業構造の変化等に伴って廃業する業者が増え、多くの伝統産業と同じく安定した供給がままならなくなっています。日本画だけではなく、様々な分野でも用いられる膠を広く知ってもらい、次世代に繋げていく足がかりとなれば、と考えています。